ご主人の転勤が決まった場合、ご主人ひとり単身赴任するか、家族一緒に引越しするかよく検討すべき問題です。

ご主人の転勤期間が1年以内の短期なら単身赴任。長期になるならご家族一緒でのお引越しするのが一般的なようです。

先にご主人に単身赴任してもらい、学期末で残りの家族が2段階で引越しする方法も、お子さんが中学卒業くらいまでなら検討すべきです。

単身赴任はご主人にはすごく寂しいもの。

引越し代と相談して単身赴任か?家族全員引っ越すか?今、よく検討するのがベストです!

また、引っ越しの時間帯や曜日、時期によって、値段を安くできることもあります。単身赴任は費用がいろいろとかかりますから、少しでも安く済ませたいと言うと、業者の担当から方法を教えてくれることもあります。

ただ、安さだけを追求せず、サービスのレベルも考えるようにしましょう。サービスのレベルをおろそかにしていると、荷物が壊れたり傷ついたりする事故にあってしまう恐れもあります。引っ越し後のトラブルも対応している業者も選ぶようにしましょう。

こういった事柄を検討して、料金とサービスのレベル両方を満足できる業者を決めたら、荷物の運び出しと運び入れの計画を作ります。

引っ越しの当日までに箱詰めを終えて、持ちだすものと置いていくものを分別しておけば、運び出しの作業の負担も軽くなるでしょう。そして、単身赴任先のどこに何を置くか図を作って置いておくと、スムーズに運び入れ作業が進みます。

引っ越し業者の中には、単身赴任用のサービスを用意しているところも多くあります。サービスの名称は、それぞれの引っ越し業者によって違いますが、大手の業者では多くが単身赴任者向けのサービスがあります。

通常より荷物の量を制限したり、作業員を減らしたりして、料金を抑えて利用することができます。トラックを用意するほどではないけれど、単身赴任先の場所まで自分で荷物を運ぶことが難しい場合には重宝します。

例を挙げると、ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスであれば、14700円~22050円で利用することができます。専用のボックスが使え、中型のダンボールで30箱、小型の段ボールで45箱、みかん箱だと66箱も荷物を運べます。

作業員が荷物の運び出しや運び入れをやってくれますから手間も少なく済みますし、時間帯を指定して運んでくれることもできます。時間帯を細かく指定したい場合は、有料のオプションサービスを使うこともできます。

さらに希望すれば、荷物が壊れたり傷ついたりした時に備えられる、運送保険を使うこともできます。そして、インターネット割引、平日割引、早期申込割引、複数申込割引を利用すれば、最大7350円も安くすることができます。引っ越す時の条件を確認して、対象になるように引っ越し時期や方法を調整することで、出費を少なくすることも可能です。

通常でも割安なサービスをさらにお得にできれば、いろんなところでお金がかかる単身赴任では、とても助かります。ヤマトホームコンビニエンスを基にして、他の業者とサービス内容を比較すれば、失敗をしなくて済むでしょう。